プロフィール

kameda*flute

Author:kameda*flute
東京・小金井市のフルート教室
小金井カメダフルート教室です。
9歳から70代の素敵な生徒さんたちと
「一生楽しめる音楽を」をテーマに
楽しいフルートライフを送っています。


ご新規レッスンの募集です。
2016年3月現在金曜日はいっぱいですが、その他の曜日には空きがございます。
ご都合が合うようでしたらどうぞご相談ください。


休み: 火曜、日曜、祝日 
レッスン時間 9時30分~17時(16時15分スタートまで)

小金井カメダフ ルート教室HP

教室に使用している防音室(DSPコーポレーション製)の様子を録画した動画はこちらから。
    ↓↓↓
防音ドアタイプのフルート防音室


ご相談、ご質問、演奏の依頼はnamikoike@hotmail.com
亀田奈美子までお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
リンク

半世紀の片想い

ウインターコンサート2016まであと20日ほどとなりました。

今年はお子さんが受験だから軽く吹ける曲に、とか、子育てが落ち着いたので大曲にチャレンジ、とか、昔から好きな歌を友人に頼んでフルート用にアレンジしてもらって、とか。選曲にはそれぞれ思いが詰まっているのですね。

とある方のお話。
学生の頃、テレビでフルートのコンクールの本選が放送されていて、偶然観ていたそうです。演奏していたのは金昌国先生だったとおっしゃるから、おそらく1967年の日本音楽コンクールの本選でしょう。その時吹いていた曲はイベール作曲フルート協奏曲。なんとも印象的なその曲を、好きとも嫌いとも思わず、とにかくフルートを吹く者として「いつか吹く」と決めたそうです。
時は流れ、その方は大学を出られて社会人になり、フルートはほぼケースで眠ったままの時代を過ごします。そしてついにお仕事の環境が変わり、フルートを吹ける時間が戻って来て、その頃当教室と巡り合いました。初めて聴かせていただいた時にはそれまでどなたにも師事したことが無いとは思えないほどの素晴らしい腕前で、驚くばかりでしたが、それでも「自分には時間が無い」とおっしゃる訳です。一体何の時間なのか??リハビリして、イベールを吹けるようになるまでの時間と、加齢による体力の後退の駆けっこ。イベールに出会って今年で49年。数年前にピアノと合わせるとは?音程とはなんぞや?から始まり、イベールの一楽章、二楽章と来て、今回三楽章を演奏します。半世紀の片想いもついにここまで来たのです。
先を知り、怖さを知る大人のチャレンジはそれだからこそ美しいと思います。当日はもしかしたら緊張で思うように吹けないかも知れません。それでもステージへ、あの曲を携えて上がる。当日は私は何もできないけど、尊敬の思いで、皆さんのステージを見届けたいと思います。
もちろん、子供達もね!!



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント