プロフィール

kameda*flute

Author:kameda*flute
東京・小金井市のフルート教室
小金井カメダフルート教室です。
9歳から70代の素敵な生徒さんたちと
「一生楽しめる音楽を」をテーマに
楽しいフルートライフを送っています。


ご新規レッスンの募集です。
2016年3月現在金曜日はいっぱいですが、その他の曜日には空きがございます。
ご都合が合うようでしたらどうぞご相談ください。


休み: 火曜、日曜、祝日 
レッスン時間 9時30分~17時(16時15分スタートまで)

小金井カメダフ ルート教室HP

教室に使用している防音室(DSPコーポレーション製)の様子を録画した動画はこちらから。
    ↓↓↓
防音ドアタイプのフルート防音室


ご相談、ご質問、演奏の依頼はnamikoike@hotmail.com
亀田奈美子までお願いいたします。

最新記事
カテゴリ
リンク

おさらい会ツアー

写真_1~3
ついに梅雨明け!信じられないくらいの暑さです。
夏に強いつもりの自分も今週はなんとなく胃の辺りに違和感があり、
すわ熱中症?!と梅干なめたりしてみたんですけど、
まあオチから言ってしまえば今週はたまたま発表会が3つありまして、どうやら緊張していたらしいんです。

始めは改装して見違えるようにきれいになったリスル立川ホールでの山田滋先生の生徒さんたちによる発表会。
こちらの特色は何と言っても皆様暗譜で臨まれる方が多いこと!
どんな年齢でも、です。そして皆様特にそれだからと言って大崩したりはしない!
え?暗譜って誰でも出来るのかしら??
暗譜の是非やそこに行き着く指導法などを妄想しつつ、立派なカメラを借りて皆様を撮影、カメラマン気取りです。
フルート、フルートはバスを吹いてきました。
フルートオーケストラに寄る「花は咲く」、大変感動的でした。
編曲を山田さんがなさっていてそれまた自分には無い技・・・

続いてウチのお勉強会。
写真_1~8
奥のホワイトボードにまた謎のあみだくじが見えますね。
そしてよくよく見たら団子三兄弟みたいな顔も。
今回のテーマは調性を感じる、ということ。
にこにこ顔は長調、泣いている顔は短調、といったイメージです。
お互いに演奏を聴いて、「長調でしょうか、短調でしょうか?」とお尋ねしたところ、
説明の不足、というか、音楽の奥の深さをこちらが思い知ったといいますか、
調性は長調なんだけど悲しく聞こえる、なんてケースも多々あり、とっても考えさせられました。
「心臓に植毛したい!」なんて話も出ましたけど
本番自体が始めての方もそうでない方も勇気のあるチャレンジだったと思います!
ほんとうにおつかれさまでした。
夏のお勉強会は2回に分けて行っているので、少人数。
皆さんのお話が聞けたのも良かったです。
こうやって少しずつでも生徒さん同士の距離が近くなれば、なんて思っています。

写真_1~6
終了後は近くの安くて量が多くておいしい中華料理やサンでランチ。
生徒さんの子ども同士はそれはそれは昔からの親友かのように仲良しになっていました。
アイドルのユニットなんだって。うらやましいぞ、子ども!←アイドルがうらやましいんではないですよ。

それで、今週のMVPは私の中ではこの方!ピアニストの安川友美さん。
写真_1~5
少人数、と言っても13曲。この日献身的に、でも熱く弾いてくださったのですが、
そのわずか4日後にご自身の生徒さんたちの発表会が大ホールであり、
(タイミング悪い依頼で・・・すみませんでした・・・)
私も最後にミニコンサートと称して演奏させていただきました。
緊張を知らない子どもたちはステージの袖でも実に自由!
またもやうらやましいぞ、こどもたち。
そんな生徒さん一人ひとりに耳打ちするように最後の声をかけ、出番の前には足台や椅子を整え、演奏後には暖かく迎える、
そんな4時間。
ああーおかーさーん!
身体の奥深く、きっと今の経験が音楽を楽しむ土台となって一生残っていくんだろうなあ。
ここで聴かせてもらった子どもたちの今後を私も見守らせていただきたい!とおもったのでした。
私自身の本番は、そんな安川さんのサポートと大ホールの空間+フルコンの響きに助けられ
なんとかなったようですが、最後に吹いたショッカーはテンポが速い速い!
録音を聴いてびっくり。落ち着いていたつもりだったんだけど。
あ~あ、一番手を焼かせているかもしれません。
写真_1~7
緊張から開放され、いただいたお花を手にテンション高めの帰り道。
夏の光でお花がきらきらして見えますね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント